バッティングの基本

 

 

必ず自分に合ったバットを選ぶこと。

 

 

 

バットは重すぎず軽すぎず、長すぎず短すぎず体格に合わせ

 

 

 

長打力を重視するのか、コンパクトにまとめるかによっても

 

 

 

選ぶバットは違ってきます。

 

 

 

まずはバットを握ってみます。

 

 

 

バットは手のひら全体ではなく、指で包み
込むようにしっかりと握ります。

 

 

 

指先だけをグリップエンドに引っ掛けて握ったり、

 

 

 

人差し指をグリップエンドから離して立ててしまうのはいけません。

 

 

 

全ての指でバットを握るようにしましょう。

 

 

 

グリップエンドを開けることで余裕ができます。

 

 

 

バッティングフォーム

 

 

バッティングはいかに投球にタイミングを合わせられるかにかかっています。

 

 

 

そのため、グリップを下げてバットを構えるとタイミングが取りにくくなります。

 

 

 

グリップの高さは肩のラインよりも少し上で、しっかり顎を引きます。

 

 

 

バットを握った両手首は絞り気味で脇を締めて構えます。

 

 

 

バッターボックスでは基本は軸足を後ろのラインと平行に立ち

 

 

 

ステップする足も軸足と同じように並行に立ちます。

 

 

 

ピッチャーが投球モーションに入ったら腰を軽くキャッチャー寄りに引きつけ

 

 

 

左足(右打者)をやや後ろに引き重心を軸足に移します。(テークバック)

 

 

 

顎を引き後ろに引いた足を前にステップさせます。

 

 

 

この時、頭が上下しないように気をつけましょう。

 

 

 

  • ステップした足は動かさずピッチャー方向へ向けておく。
  •  

  • 肘を肩よりも高い位置から腰を先に回転させます。
  •  

  • 膝、腰を回転させると自然にバットが出てきます。
  •  

  • スイングはバットをボールに対して一直線に振り下ろします。
  •  

  • その時、腰の回転を水平にしてスイングします。

 

 

 

右打者の場合は、右肩を少し下げてスイングしますが、

 

 

 

水平に回す感じでバットを振りましょう。

 

 

 

 

(簡単な流れ)

 

1.バットを構えてリラックスする。

 

2.前足を軽く上げて体重は後ろ足にかけ一本足になる。

 

3.前足に体重を徐々に乗せながら地面に足をつけます。

 

4.後ろ足から前足に体重を移動しながら、お尻から下半身を回していき
最後にインパクトする。

 

 

 

 

スイング中の手首の使い方ですが、スイングの最後まで5本指全体に力をかけ、
手首の角度は維持して、インパクトの瞬間ほどく感じです。

 

 

 

最後まで手首の角度を維持することで、理想的なレベルスイングができます。

 

 

 

スイング中では、身体のラインよりバットが先にピッチャーに向きますが、
その時おへそをピッチャーに向けないようにしましょう。

 

 

 

そうすることで、インパクトの瞬間までボールを見ることができます。

 

 

 

ステップした足の向きは、自然体でいいのですが、左肩が開かないようにしましょう。

 

 

 

オープン気味にステップすることが楽なフォームと言えます。

 

 

 

インパクトで意識する点は、インパクトの時に右肘が伸びないことです。

 

 

 

スイングしてバットがボールに当たる瞬間から右肘を伸ばしていきます。

 

 

 

ボールを押し込む感覚です。

 

 

 

インパクトの後も右手を添えたまま振り切って下さい。

 

 

 

途中で右手を離してしまうと、左肩が開く感じになり体重が後ろにかかって
軸が狂います。

 

 

 

場合によっては、左手1本でバットを振りきることもありますが、
基本は両手で振り切りましょう。

 

 

 

正しいスイングを身につけることで、練習時ティーバッティングの効果を
最大限引き出すことができます。

 

 

 

インパクト

 

 

バットをボールに当てる瞬間をインパクトと言います。

 

 

 

インパクトの時、体重を移動させ前の足は踏ん張り

 

 

 

両腕を伸ばして右腕でボールを押し出します。

 

 

 

インパクトの後、両腕を前に伸ばし上に向いていた右手の

 

 

 

手のひらを返しバットを後ろへ振り上げます。(フォロースロー)

 

 

 

手のひらが上と下を向いた状態のまま両腕を伸ばすことで

 

 

 

上手にフォロースローがとれます。

 

 

 

また、インパクト直後には手首を返さないようにしましょう。

 

 

 

バントの構え方

 

バントは試合に欠かせないものです。

 

 

 

しっかり練習してバントを習得しましょう。

 

 

 

両足はバッターボックスの前の方に立つ。

 

 

 

膝を柔らかく顔を真っ直ぐピッチャーに向ける。

 

 

 

左手は肘を締めバットを支える程度に握る。

 

 

 

右手はバットの芯に近い部分を握り肩の力を抜く。

 

 

 

なるべく顔に近い位置でバントする。