ベースランニングの基本

 

バッターはボールを打った瞬間、打者走者に

なります。

 

 

 

ランナーがホームインして初めて点が入るわけです。

 

 

 

すなわち、ベースランニングがしっかり出来てこそ試合に勝てるのです。

 

 

 

バッターはボールを打ったらバットを手放し前傾姿勢でスタートします。

 

 

 

1塁へ走る場合は、ラインの内側を走るとアウトになります。

 

 

 

ラインの外側を走るようにしましょう。

 

 

 

1塁まではどんな打球を打ったとしても全力疾走で駆け抜けます。

 

 

 

ベースを踏んだらファールグラウンドへ出ます。

 

 

 

2塁を狙う時はフェアグラウンド(オーバーラン)に入ってもいいですが、

 

 

 

タッチされるとアウトになりますので注意して下さい。

 

 

 

打球が鋭く抜け2塁を狙えるようでしたら、

 

 

 

1塁ベースの3mくらい手前で軽く外側へ膨らみ、1塁ベースの

 

 

 

角を踏んで2塁ベースへ向かいます。

 

 

 

1塁ランナーの心得

 

 

1塁ランナーになったら隙があれば常に進塁を狙います。

 

 

 

そのため、リードはピッチャーの牽制球で帰塁できるギリギリの

 

 

 

ところまでしましょう。

 

 

 

リードはピッチャーがセットポジションに入る前に

 

 

 

セーフティーリードをとります。

 

 

 

ピッチャーがセットポジションに入ってからリードをとると

 

 

 

逆をつかれて牽制球でアウトになることがあります。

 

 

 

リードしたらボールから目を離さないようにしましょう。

 

 

 

目を離した瞬間、隠し球でアウトになることがあります。

 

 

 

ピッチャーが牽制球をしてきたら、なるべくヘッドスライディングで戻ります。

 

 

 

ファーストにタッチされにくいよう右手でベースのライト側の角をタッチします。

 

 

 

盗塁の体勢

 

 

盗塁はスタート、スピード、スライディングの3つが重要です。

 

 

 

ピッチャーをじっくり見つめ膝を軽く曲げて低い姿勢を保つ。

 

 

 

肩の力を抜き足を広めに開け右足のつま先を

 

 

 

少し2塁方向へ向ける。

 

 

 

ピッチャーが投球に入った瞬間、左足からスタートする。

 

 

 

姿勢は低い姿勢のままスタートを切り、3歩ほど走ります。

 

 

 

そのあと徐々に頭を上げてトップスピードに乗ります。

 

 

 

2塁べースに近づいたらスライディングをします。

 

 

 

スライディングには足から滑るストレートスライディングと

 

 

 

タッチをかわし足でベースを引っ掛けるフックスライディング、

 

 

 

頭から滑るヘッドスライディングがあります。

 

 

 

スライディングは怪我のしにくいストレートスライディングが良いでしょう。

 

 

 

ストレートスライディングは、片足を折り曲げ前の足をまっすぐ伸ばして

 

 

 

滑り込みます。

 

 

 

その時、前の足の足首を曲げてかかとから滑るようにして、

 

 

 

かかとがベースに触れたら、折り曲げている足をクッションにして立ち上がります。

 

 

 

練習方法としては、肩の力を抜き息を吐いて全力ダッシュで
盗塁のスタートを練習します。

 

 

 

軽く走って練習しても意味がありません。
トップスピードが出るまで全力でダッシュします。

 

 

 

人は走ってからトップスピードになるまでに約10メートル必要だと言われています。

 

 

 

なので最低でも15メートル程度は全力で走り、
トップスピードにする練習をしなければなりません。

 

 

 

2塁ランナーの心得

 

 

2塁ランナーはヒット1本で得点に結びつく

 

 

 

スコアリングポジションにいます。

 

 

 

野手の守備位置などを確認してしっかりした状況判断が必要です。

 

 

 

2塁ランナーは早くからリードをとる必要はありません。

 

 

 

ピッチャーがセットポジションに入ったら大きくリードをとりましょう。

 

 

 

自分よりも左に飛んだゴロは3塁に走ります。

 

 

 

自分より右に飛んだゴロは2塁に戻りますが、サードの前へボテボテのゴロが

 

 

 

飛んだ時は3塁に走ります。

 

 

 

3塁ランナーの心得

 

 

3塁ランナーは得点のチャンスです。

 

 

 

リードはラインの外側でしっかりピッチャーを見ます。

 

 

 

ピッチャーが投球体勢に入ったらホームに向かって

 

 

 

2次リードをとります。<

 

 

 

キャッチャーがボールを後逸するなど得点のチャンスが訪れたら

 

 

 

いつでもホームに突っ込めるようにしておきます。

 

 

 

3塁ベースに戻るときはキャッチャーに背を向けて

 

 

 

ラインの内側から戻るようにしましょう。

 

 

 

キャッチャーがサードに送球しずらくするためです。

 

 

 

3塁ランナーのタッチアップは外野の定位置よりも後方に

 

 

 

フライが上がったら、すぐにベースに戻ります。

 

 

 

外野手の捕球と同時にスタートが切れる体勢に入ります。

 

 

 

捕球と同時に一気にホームへ走ります。