走塁(ランナー)こそがゲームを決める立役者

 

相手チームが嫌がる機動力を活かした攻撃

 

 

 

 

 

機動力のあるチームがフォアボールで
ランナーを出した場合、

 

 

 

 

 

それは3塁打を打ったのと同じことが
言えます。

 

 

 

 

 

なぜならば1塁から2回盗塁をするだけで3塁打になってしまうからです。

 

 

 

 

 

ピッチャーの隙を見てホームスチールを決めればノーヒットで点が入るのです。

 

 

 

 

 

つまり走塁とは野球にとって点を左右するとても大事な攻撃なのです。

 

 

 

 

 

機動力を極めることでチームは何倍も強くなります。

 

 

 

 

 

バッティングでスランプに陥っても走力さえあれば点を取れますし、
バッティングのようにスランプには陥りません。

 

 

 

 

 

また、走塁は頭脳的プレーでもあり肉体的な練習だけではなく
走塁についてしっかり勉強して下さい。

 

 

 

 

 

肉体的な練習については、スタート時の瞬発力をつけるため
ダッシュを基本練習として繰り返し練習すること。

 

 

 

 

 

ベースランニングを中心に走行位置やスライディングもしっかり練習しましょう。

 

 

 

走塁のイメージを極める

 

機敏な走塁と瞬時の判断力、スライディング技術は
攻撃にとって欠かせないものです。

 

 

 

 

 

相手チームの守備に隙があればすかさず進塁を狙う。

 

 

 

 

 

積極的な進塁は相手チームにとっては、
まさに脅威そのものです。

 

 

 

 

 

打球の位置や野手の動きなど瞬時に判断して、
積極的に進塁を図る意識を高めて下さい。

 

 

 

走塁の方法

 

走塁の方法はパターン化されている。

 

 

 

 

 

一塁から二塁へ理想的な走塁

 

 

 

 

 

ヒットを打ったら全力疾走で一塁ベースの少し手前で外側に膨らみ
左足でベースの角を踏み、小さく回りながら直線的に二塁へ走る。

 

 

 

 

 

一塁ベースを回った後大きく膨らまない事です。

 

 

 

 

 

ベースの踏み方は「ベースの角を小さく踏む」が原則です。

 

 

 

 

 

二塁から三塁、三塁から本塁は直線的に走ります。

 

 

 

 

 

ランニングホームランなどバッターボックスから一気に
本塁まで走る場合は一塁へ向かう時は少し膨らみ、
一塁から二塁へは直線的に二塁から三塁へは少し膨らんで走り、
三塁から本塁へは直線的に走ります。

 

 

 

ランナーとしてやるべきこと

 

ランナーになったら一瞬たりとも絶対ボールから目を離さない事です。

 

 

 

 

 

相手ピッチャーはランナーの隙を見て必ず殺しにきますので、油断は禁物です。

 

 

 

 

 

リードが大きいほど進塁できるチャンスが増えます。

 

 

 

 

 

ピッチャーの牽制球を注意しながら限界までリードを取りましょう。

 

 

 

 

 

リードは、「自分の身長」+「手を伸ばした長さ」+「1歩」が安全な距離と
言われています。

 

 

 

 

 

盗塁を狙う意味もありますが、投手の牽制を見るためや投手に揺さぶりを
かけるためのワンウェイリードも取りましょう。

 

 

 

 

 

盗塁は投手をしっかり観察し、投球しようと足を上げる直前に
スタートをきるのが理想的です。

 

 

 

 

 

そのためには投球と牽制の違いを見極めなければなりません。

 

 

 

 

 

投手をしっかり観察して癖を探し出し、投手のモーションを盗んでスタートをきる。

 

 

 

 

 

そのため投手のあらゆる動作を見て研究して下さい。