野球に興味を持ち好きになる

 

 

野球は道具を使うスポーツだからこそ面白い。

 

 

 

子供は野球道具に興味を持ちます。

 

 

 

積極的にバットを振ったりボールを投げたりグローブを触ったりします。

 

 

 

最初は道具の簡単な使い方を教えてあげましょう。

 

 

 

子供はどんどん興味を持ち、やがてちゃんとした使い方を知りたくなるものです。

 

 

 

そこでボールの握り方から教えましょう。

 

 

 

ボールを握った時、人差し指と中指の間は指1本分あけるが基本です。

 

 

 

人差し指と中指の間を空け過ぎたり、手のひらをボールにくっつけたり

 

 

 

親指の腹で押さえつけたりしないよう注意しましょう。

 

 

 

重要なことは、走ることから鍛える

 

ランニングやダッシュは下半身の強化にもつながり体力もつきますから
必ず取り入れて下さい。

 

 

 

野球の練習は陸上部並みに走ります。

 

 

 

とにかく走る走るで下半身強化とスタミナアップを図ります。

 

 

 

野球で走れないと話になりません。

 

 

 

ベースランニングも何本もやりますが、塁間は狭くても一周全力で
走るとなるとかなりキツイと思います。

 

 

 

特にピッチャーは下半身を強化しないと安定したピッチングができません。

 

 

 

完投するほどのスタミナも必要です。

 

 

 

なので、キャッチボールより走る方が大事な練習メニューと思って下さい。

 

 

 

練習方法としては、ランニングとベースランニングで十分です。

 

 

 

あとは、距離を延ばして行きましょう。

 

 

 

しかし、あまりにもキツくすると着いてこれなくなる子供たちも出てきますので、
そこは指導者のさじ加減で上手にコントロールしてください。

 

 

 

また、子供は早く道具を使いたがりますが、野球の基本は走ることなので
そこは、ちゃんと指導してください。

 

 

野球の基本はキャッチボール

 

 

野球の基本はキャッチボールから

 

 

 

キャッチボールはコントロールが大事です。

 

 

 

最初は近い距離(5m)から腕だけを使って投げましょう。

 

 

 

グローブがあればグローブをつけて下さい。

 

 

 

相手の胸元に目掛けて投げれるよう徐々に上半身を使い

 

 

 

肘は肩のラインよりも上で投げれるように練習します。

 

 

 

5mくらいの距離で相手の胸元に投げれるようになったら

 

 

 

次は軸足(右投げは右足)を一歩前に出し

 

 

 

軸足を相手に対して直角になるようにします。

 

 

 

軸足(右投げは右足)に体重を乗せ、左足は投げる方向へ

 

 

 

ステップします。

 

 

 

ステップする足は相手に対してつま先をまっすぐに向けます。

 

 

 

1、軸足(右投げは右足)に体重を乗せる。

 

 

 

2、投げる方向に左足をステップさせ、つま先をまっすぐにする。

 

 

 

3、左足に軸足から体重を移動させ上半身をひねる。

 

 

 

4、左足に体重を乗せ腕を振り切ってボールを投げる。

 

 

 

この段階でコントロールをつけるよう練習しましょう。

 

 

 

ボールの捕り方

 

 

ボールの捕り方にも基本がある。

 

 

 

ボールを捕る姿勢ですが、棒立ちでは即座に反応できません。

 

 

 

上半身は力を抜き両手を肩の前に出し、肘を軽く曲げ

 

 

 

相手がボールを投げやすい様に肩の前でグローブを構えましょう。

 

 

 

下半身は軽く膝を曲げてどの方向へも動けるように構えます。

 

 

 

相手が投げたボールをグラブの中の手のひらでボールに対して

 

 

 

直角になるようグラブを差し出します。

 

 

 

肩のラインより後ろで捕球しないよう目の前で捕球し

 

 

 

グラブは立てずに横を向くようにします。

 

 

 

野球に必要な体力をつける

 

 

持久力と瞬発力をつける

 

 

 

体力づくりの基本は走り込みです。

 

 

 

最初は軽くランニング程度で10分から20分くらい走りましょう。

 

 

 

たくさん汗をかきますので適度に水分補給をして下さい。

 

 

 

走り込みメニュー

 

 

 

1、ランニング10分から20分

 

 

 

2、少し早めに10分くらい走る

 

 

 

3、30mダッシュ

 

 

 

4、50mダッシュ

 

 

 

5、坂道ダッシュ

 

 

 

6、階段を駆け上る

 

 

 

これらのメニューは一気にやると逆効果です。

 

 

 

徐々に体を慣らしメニューを増やしていきましょう。

 

 

 

筋力トレーニング

 

 

腕立て伏せと腹筋、背筋運動

 

 

 

腕立て伏せは、膝をつかず両手を肩の真下におき背中を丸めず

 

 

 

息を吸いながら上体をおろし、息を吐きながら上体を上げます。

 

 

 

胸を地面ギリギリのところまで下ろすことで大胸筋、上腕を鍛えます。

 

 

 

腹筋運動は、膝を閉じ背中を地面につけ両手を軽く両耳につけ

 

 

 

反動をつけずに上体を起こします。

 

 

 

背筋運動は、うつ伏せに寝て後頭部に両手を組み上半身を

 

 

 

いっぱいに反らします。

 

 

 

下半身を鍛える中にスクワットもありますが、軽めにしておきましょう。

 

 

 

注意したいのは、子供たちの骨格はまだ完成していないため

 

 

 

最初からハードな練習をすることは危険です。

 

 

 

あまり筋肉を鍛えすぎるのは骨の成長を妨げてしまいます。

 

 

 

まずは、骨の成長に重点をおいた練習メニューをしましょう。

 

 

 

ストレッチとクールダウン

 

 

練習前と練習後にやること

 

 

 

まずは必ずストレッチから始めましょう。

 

 

 

これから使う筋肉、練習で使った筋肉をほぐすことは

 

 

 

とても大事なことです。

 

 

 

怪我をしないためでもあり、疲れを残さないためでもあります。

 

 

 

使った筋肉は十分にケアをして下さい。

 

 

 

熱中症に十分気をつけること。

 

 

 

熱中症は多臓器不全を引き起こす恐れがあるとても

 

 

 

危ないものです。

 

 

 

もし気分が悪くなったら風通しの良い涼しい場所で休ませて

 

 

 

熱の溜まりやすい箇所を冷やして下さい。

 

 

 

熱中症は何よりも予防が大事です。

 

 

 

適度にスポーツドリンクなど水分を補給し熱中症にならないよう

 

 

 

心がけて下さい。