フィールディングの基本

 

 

自分の守る所に打球が飛んできたら、まず何をするのか?

 

 

 

常に次のプレーをイメージして守るようにします。

 

 

 

ゴロは地面の近い所で捕る。

 

 

 

ゴロを捕るには素早く動けるよう腰を落として構える。

 

 

 

バッターがスイングをした時、右足を一歩前に出す。

 

 

 

打球が飛んできたら、前に出るかそのまま待つか瞬時に

 

 

 

判断する。

 

 

 

ゴロはバウンドした直後に捕るとイレギュラーなく捕れます。

 

 

 

飛んできた打球の正面にまわり、左足を一歩前に出し

 

 

 

左足のつま先の内側で捕るようにしましょう。

 

 

 

腰をしっかり落としグラブを下から上に出します。

 

 

 

この時、ボールから目を離さずグラブを立てて捕球します。

 

 

 

捕球のあとスローイングに入ります。

 

 

 

右足を送球方向へ直角にステップしながらボールを握り

 

 

 

左足を送球方向へステップさせながらテークバックをとります。

 

 

 

送球方向をよく見て腕を振り切ってボールを投げます。

 

 

 

フライの捕球は素早く落下点に入ること。

 

 

 

ボールが飛んできたらグラブを軽く構え、少し前に出て捕ることがコツです。

 

 

 

キャッチャー

 

 

キャッチャーの構えから捕球、送球まで。

 

 

 

顔はピッチャーに真っ直ぐ向け、左肘は膝より前に出す。

 

 

 

両足は肩幅より広く開け、かかとを少し上げて親指に重心をかける。

 

 

 

ランナーがいる場合は、ピッチャーを見ながらランナーの動きも見る。

 

 

 

盗塁を送球で阻止するため、右足を少し引いて構える。

 

 

 

右手は親指を中に入れて握り右足の後ろにおきます。

 

 

 

捕球はミットを前に出したり、顔に近づけ過ぎないようにします。

 

 

 

ミットを前に出して肘を伸ばしてしまうと、ボールの衝撃を受けて

 

 

 

弾いてしまいます。

 

 

 

少し肘を曲げて軽く引く感じでミットの真ん中で捕球して下さい。

 

 

 

2塁への送球

 

 

 

1、ランナーが出たら右足を引いて構える。

 

 

 

2、捕球したらミットを右耳あたりに引き上げながら立ち上がる。

 

 

 

3、ボールを握り、肘はしっかりと上に上げる。

 

 

 

4、ミットからボールを取り出しテークバックする。

 

 

 

5、左足のつま先を2塁方向へ真っ直ぐ向ける。

 

 

 

6、オーバースローで左足に体重をかけて送球する。

 

 

 

3塁への送球

 

 

 

1、捕球したら立ち上がりながらボールを握る。

 

 

 

2、バッターと重ならないよう右足を後ろへ大きく引く。

 

 

 

3、左足を3塁方向へ真っ直ぐに踏み出す。

 

 

 

4、オーバースローで真っ直ぐに送球する。

 

 

 

3塁にランナーがいる場合は、常に目で牽制しながらプレーをします。

 

 

 

ピッチャーへの返球もホームスチールを警戒しながら

 

 

 

素早く返球します。

 

 

 

キャッチャーゴロの捕り方

 

 

 

キャッチャーが捕れる範囲のゴロはキャッチャーが処理をします。

 

 

 

1塁側の打球の処理

 

 

 

ラインの内側からボールの前にミットを差し出し、両手でボールを

 

 

 

挟み込むように捕球します。

 

 

 

キャッチャーゴロの場合、ボールが不規則に回転して取りにくいため

 

 

 

両手で捕球することが望ましいです。

 

 

 

ランナーとファーストが重ならないように、ラインの内側へ送球します。

 

 

 

3塁側の打球の処理

 

 

 

ライン側から回り込んでボールの前にミットを差し出し、両手で

 

 

 

ボールを挟み込むように捕球します。

 

 

 

ラインの外側からボールを捕りに行くとタイムロスになります。

 

 

 

右足を左足の後ろに下げ1塁に送球する。

 

 

 

キャッチャーフライの捕り方

 

 

 

フライが上がった瞬間、立ち上がりながらマスクを外す。

 

 

 

打球を追い肘をクッションにして膝を伸ばさないで

 

 

 

キャッチャーミットに右手を添えて捕球します。

 

 

 

バックホーム

 

 

 

ホームプレートの前に出て送球を待つようにします。

 

 

 

外野手と中継に入るカットマンとのラインを一直線にするため、

 

 

 

カットマンに指示を出します。

 

 

 

ランナーに突き飛ばされないよう腰を落とし、どっしりと構えます。

 

 

 

ランナーが走ってきたらボールをミットの中で右手で握り、

 

 

 

ミットの背でランナーにタッチします。

 

 

 

フォースプレーは右足でベースの1塁側を踏み送球します。

 

 

 

ファーストの役目

 

 

ファーストは打者走者をアウトにする重要なポジション。

 

 

 

内野手がどんな良いプレーをしてもファーストがしっかり捕球を

 

 

 

しなければ、アウトに出来ません。

 

 

 

そのため、ファーストは捕球のプロフェッショナルでなければなりません。

 

 

 

内野手からの送球の受け方。

 

 

 

1、きき足の裏をベースにぴったりつける。

 

 

 

2、膝はしっかり伸ばす。

 

 

 

3、前の足の膝は伸ばし過ぎず捕球しやすい体勢をとる。

 

 

 

4、腕を伸ばし前でしっかり捕球する。

 

 

 

ランナーがいない時は、あまりベースから離れず

 

 

 

内野にゴロが飛んだ時は、すぐにベースにつきます。

 

 

 

ファーストの守備範囲は、ライン際のゴロを捕球できるようあまりラインから

 

 

 

離れず、内野にゴロが飛んだ時にすぐにベースにつける位置を守ります。

 

 

 

ショートバウンドの処理は、腕をいっぱいに伸ばし下からファーストミットを

 

 

 

すくいあげるようにします。

 

 

 

セカンドの役目

 

 

セカンドは動く範囲が広いポジション。

 

 

 

セカンドはピッチャーのバックアップや1塁、2塁のカバー

 

 

 

センターやライトからの中継プレー、2塁ベースでの盗塁阻止、

 

 

 

ダブルプレーなど役目と守備範囲が広く

 

 

 

単に打球を処理すればいいというポジションではありません。

 

 

 

その分、しっかりと野球を知っていなければなりません。

 

 

 

セカンドゴロの捕球はなるべく体の正面で捕るようにします。

 

 

 

打球を弾いた時も落ち着いて処理すれば、打者をアウトにできます。

 

 

 

しかし、一塁が近いからといって軽く投げるとかえって

 

 

 

悪送球になることがあります。

 

 

 

軸足をステップさせて慎重に投げましょう。

 

 

 

左右のゴロに対しては打球に素早く反応してスタートを切り

 

 

 

回り込んで捕球するかバックハンドで捕球するかを判断して</strong>

 

 

 

グラブを下から上に出して捕球します。

 

 

 

サードの役目

 

 

サードは打球が飛んできやすいポジション。

 

 

 

少年野球の場合、サードのポジションはベースより前で守るため

 

 

 

強い打球が飛んできます。

 

 

 

強い打球にも負けない気力と1塁に送球する強い肩が必要です。

 

 

 

サードは左右の打球、前後、ファールグラウンドまで守備範囲があり

 

 

 

特にバント処理をする前へのダッシュ力が必要になります。

 

 

 

強い打球やバントにも備えて腰を落としグラブを地面すれすれに構えます。

 

 

 

サードゴロの特徴として強烈なゴロも少なからずありますが、

 

 

 

ほとんどは弱いゴロが多く余裕がある場合は、ライン際から回り込んで

 

 

 

捕球しましょう。

 

 

 

三遊間のゴロはサードの見せ場です。

 

 

 

思い切って突っ込みグラブを伸ばせるかぎり伸ばして捕球します。

 

 

 

ライン際のゴロは飛び込んで捕球する選手をよく見ますが、

 

 

 

一つ間違えると怪我の原因にもなりますので、あまりオススメはできません。

 

 

 

しかし、ライン際のヒットは長打につながるため、最悪でもグラブには

 

 

 

当てて前に落としたいものです。

 

 

 

ショートの役目

 

 

ショートは守備範囲が広いので足が早く肩の強さが要求されます。

 

 

 

ショートは2塁ベースから3塁ベースまで自分の守備範囲と考えます。

 

 

 

また、三遊間、レフト、左中間方向の打球が多いため、

 

 

 

レフトやセンター方向まで走りカットオフプレーに参加しなければなりません。

 

 

 

ショートはサードやセカンドよりも素早く動けるように腰を浮かせて

 

 

 

前傾姿勢で構えるようにします。

 

 

 

ショート正面に飛んできたゴロは1塁まで距離があるため、

 

 

 

素早くさばき確実に1塁へ送球しなければアウトがとれません。

 

 

 

そのため緊張感を持ってプレーしなければなりません。

 

 

 

三遊間のゴロは正面のゴロよりも時間的に余裕がないため、

 

 

 

捕球から送球まで流れるようなプレーが必要です。

 

 

 

捕球したら右足でブレーキをかけ、その反動を使ってしっかり送球します。

 

 

 

2塁や3塁に送球する場合は、オーバースローよりサイドスローかトスをして送球します。

 

 

 

ランナーがいる時に打球が外野へ飛んだらショートは外野とホームを結ぶ

 

 

 

ラインに入り、外野手とキャッチャーに送球を中継しなければなりません。

 

 

 

バックホームが間に合わないと判断した時は、次のランナーの進塁を阻止するため、

 

 

 

進塁しようとするベースにボールを投げて進塁を阻止します。

 

 

 

外野手の役目

 

 

外野手は広い外野をレフト、センター、ライトの3人で守ります。

 

 

 

外野手は利き足を半歩前に出して構えます。

 

 

 

フライが飛んできた時、素早くスタートが切れるためです。

 

 

 

素早く打球の落下点に入り余裕を持って捕球できるようにします。

 

 

 

打球の落下点に入ってもあまり早くからグラブを差し出さないことです。

 

 

 

グラブを早く差し出すと、落ちてくるボールとグラブが重なって

 

 

 

落球する場合があります。

 

 

 

最終的には落下点より少し後ろから少し前に出てフライを捕ります。

 

 

 

外野に飛んできたゴロはバウンドが多くイレギュラーしやすいので、

 

 

 

内野ゴロに比べて非常に捕球が難しく、

 

 

 

誤って後逸すると長打になってしまいます。

 

 

 

その結果、相手チームの点に結びついてしまうので

 

 

 

より慎重に捕球しなければなりません。

 

 

 

外野手の送球は無理をせず中継に来たカットマンに送球します。

 

 

 

ポイントはカットマンの頭をめがけて投げることです。

 

 

 

また、カットマンが中継に入らないような場合は、

 

 

 

ワンバウンドでボールがキャッチャーに到達するように投げます。